FC2ブログ

葉とらずリンゴ

ナチュラルハイジーン
01 /15 2018
葉とらずリンゴ

先週、「リンゴがおしえてくれたこと(木村秋則)」を読んでみなさいと紹介された。
内容は多くのリンゴ農家が市場に見てくれのよい林檎を出荷しています。それは農薬、除草剤、肥料を十分に与える栽培方法です。創る人の薬剤被害、食べる人の科学部物質過敏症を考えずに、従来通りの腐りやすい林檎の栽培方法です。また土中の有機質を分解するバクテリアなどが少ない土壌になり、収穫も安定しない栽培方法でもあります。
それに対して、農薬、除草剤、肥料を使わない「自然栽培」のリンゴを紹介している。その土壌のもつ力を十分に発揮させる農法です。結果、パリっとした甘みの載ったリンゴを市場に出せるとのことです。
これって、手術、抗がん剤、放射線を主流にしている対処療法のガン治療に似てないでしょうか。この3代治療も重要ですけど、体が従来持っている〝自然治癒力〟をより積極的に使う治療方法もあるような気がします。

私は3日に1日はスーパーに行きます。そこで「葉とらずリンゴ」が最近売られている。葉を取らずに葉に十分に光合成をさせるため、多少リンゴの表面が黄色いところも残るリンゴです。普通のリンゴより見栄えは悪いが、味はより良いとの説明でした。なんかおかしいですよね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

GDAYS

みなさま はじめまして こんにちは
わたしこの春(’16)前立腺がんのマーカー値(PSA)がかなり高く、病院へいったらまぎれもなくガンだったのです。ガンなんか一生かからない病気とおもっていました。
その治療経過とその後(’17)の自転車の旅についてのたりノタリとログしてゆきます。まぁ、すべて映画・知り過ぎた男の主題歌〝Que sera sera〟でいきます。
歳は古希を細やかにスリップしています。よろしく。