FC2ブログ

私の把握している«ゲルソン療法(1)»

前立腺ガン
10 /10 2016
縄文式土器
ゲルソン療法は医療行為ではありません。
ゲルソン療法は食事療法です

ゲルソン療法は日々の食生活をとうして、体の細胞中のナトリウム(Na)とカリウム(K)のバランスを正常にし、ガンを消す酵素を活性化させ、ガンを体の内側から消す食事療法です。
具体的にはガン患者のガン細胞と正常細胞の中で増加したナトリウムと減少したカリウムを正常値に戻す食事療法です。
ナトリウムを減少させるために塩(食塩)を摂取せず、カリウムを増加させるためにニンジンなど野菜・果物ジュースを多量に摂取する食事療法です。

今から100年ほど昔、沢山の塩が手に入らず冷蔵庫もない時代には食べ物は部落内や隣近所の間で自給自足されていました。
そのころガンは非常に珍しい病気でした。ところが塩を作る技術が進歩すると、大量の塩を使うことにより冷蔵庫を使用しなくても、食料や食材の遠距離輸送や長期保存が可能になりました。私達は知らず知らずうちに塩を多く使った食事を取るようになったのです。
また、冷蔵技術が発達した今日においても、塩を多く使った食事を取るのが食習慣になってしまいました。塩(ナトリウム)が多く、野菜・果物(カリウム)の少ない食事を30~40年間続けてたべると、体内の細胞のなかのナトリウムが増加し、カリウムが減少すると言われています。この細胞内のナトリウム/カリウムのバランスを元に戻すには薬の服用では難しく、食事療法が最適と言われています。

写真はゲルソン療法に趣味的に使っている縄文土器の炊飯器です。玄米・大麦の炊飯用です。

つづく

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

GDAYS

みなさま はじめまして こんにちは
わたしこの春(’16)前立腺がんのマーカー値(PSA)がかなり高く、病院へいったらまぎれもなくガンだったのです。ガンなんか一生かからない病気とおもっていました。
その治療経過とその後(’17)の自転車の旅についてのたりノタリとログしてゆきます。まぁ、すべて映画・知り過ぎた男の主題歌〝Que sera sera〟でいきます。
歳は古希を細やかにスリップしています。よろしく。